HOME  >  CAREER  >  MEMBER  >  MEMBER 4

MEMBER INTERVIEW

04

入社前に挫折経験。

今は、新たな夢が。

R.Y
室長(2012年入社)

2012年に入社後、アプリ評価チームに配属され、2014年秋に主任となる。

2015年からゲームアプリの検証業務に携わり、プロジェクトマネージャー兼課長となる。現在は、ゲームアプリ案件全体のスケジュール調整や工数の管理をし、メンバーのケアをしている。

 

―前職では何をしていましたか

芸能マネージャーとして2年間勤務していました。その後、入社するまでは3年間という期限を設けて、バンドでプロを目指していました。将来のことを考えたときに、技術的な知識を身に着けたいと思い、IT業界を志望していました。

 

―ProVisionに入社を決めた理由は

未経験というワードで検索に引っかかったのがProVisionでした。当初はアプリやWebサイトの検証業務があること自体知りませんでした。年齢的にも、次は正社員で頑張りたいと思っていたので、まずはやってみようと思って入社しました。入社してからは、負けず嫌いな性格なので会社に認められたい、先輩に認められたいといった想いでがむしゃらに働いてきました。

―現在の仕事がプロジェクトマネージャーとのことですが、どんなことをしていますか

プロジェクト全体を管理すると言えばわかりやすいでしょうか。プロジェクトが円滑に回るようにスケジュールを管理したり、チームメンバーのケアをしています。プロジェクトマネージャーとして、課長としてチームメンバーを幸せにする必要があると考えています。メンバーを適材適所に配置することを特に意識しています。メンバーを育てていき、笑いながら働ける環境を作っていきたいです。

 

―印象に残っているエピソードは

主任として初めて配属されたプロジェクトです。最初はマネジメントするための知識が足りなかったので、常に勉強の日々でした。私には目標にしている役職者がいますが、その人だったらどうするか、どんなことをやっていたかを思い出し、考えながら行動していました。それから、もっとメンバー間が話しやすい雰囲気を作ったり、目線を変えて話すことを意識するようになりました。

 

―これから挑戦したいことは

携わっているメンバーが幸せな環境で働けるように整えていきたいです。

元々は認められたい、褒められたいという想いでここまで来ましたが、ここ1,2年はチームメンバーと一緒にプロジェクトを大きくすることができたと感じています。時代の流れもあるかもしれませんが、ゲーム案件が社内でも大きな規模のチームとなり、メンバーと話し合いながら作っていくことができました。メンバーに感謝しているからこそ、メンバーの頑張りや希望を叶えていきたいと思います。

 

―将来の仲間へメッセージ

能力が高い人でも運に見放されてくすぶっている人もいますよね。そういう人たちには違う道でチャレンジして欲しい。ITに少しでも興味があったら、まずは挑戦して欲しいって思います。

私も、採用ページを見ている時は課長になるなんて思ってもいませんでした。自分で思わなかったこともやってみたら、扉が開くかもしれません。ProVisionはチャレンジする姿を応援してくれる会社です。チャンスを掴みに来て欲しいと思います。

その他のメンバーのインタビューを見る。